【画像30枚】荒川静香の顎の整形疑惑を徹底検証!施術時期はプロ転向後?目も怪しい?幼少期から現在までの無加工写真で徹底検証

エンタメ
スポンサーリンク

荒川静香の顔をパーツ別に比較検証!

パーツ別に比較検証①目

このような声もありましたが、目の整形はしているのでしょうか。

荒川静香さんといえばトリノオリンピック時のキリッとしたツリ目のイメージがありますね。
現在はツリ目ではなく優しい目元になっています。
アイメイクは変わらずしっかりされてますね。

時系列に並べてみましたが、大きくは変わっていないようにみえます。
(顔が変わったと言われ始めたのは2010年からです)
痩せたことで目が少し大きくなり、加齢で筋肉が落ちたことにより、ツリ目ではなくなったとだけに思えます。

2023年8月10日放送の フジテレビ系「ぽかぽか」に出演時にも不自然な点は見られませんでした。

荒川静香さんは目の整形している可能性は低く、痩せて目が大きくなり、加齢とともにツリ目ではなくなった。という検証結果になりました!

スポンサーリンク

パーツ別に比較検証②顎

このように顎を削って細くしたとの声も多数ありました
ダルポンとは下顎を削る手術のようです。

下アゴ骨削り

顎の大きさ(出っ張り具合)により手術方法は異なります。顎先が出ているだけなら、出ている骨を水平に切り除去します。顎全体が大きい場合には、下顎骨離断術(ダルポン法)が必要となります。これら骨の手術は全身麻酔になります。

引用元:かみ形成外科

一方、ボトックスでエラがなくなったとの声もありました

それでは実際の画像で比較検証してみます。

荒川静香さんはしっかりとした大きめな顎をしていますね。
エラも張っています。
正面から見るとエラは変わっていません。
ボトックスも顎を削ったりもしていなさそうですが・・・

荒川さんは受け口で、昔の画像だと下の歯が上の歯よりも前にでていますね。
受け口は手術で下顎を引っ張り出さないと治りません。

専門家
専門家

彼女は、以前は『反対噛合(別名:受け口)』という噛み合わせが上下逆の状態でした。
大人になってから、噛み合わせを治しましたが、
下あごは反対噛合のままの状態と変わらず、出っ張っています。

大人になってから下あごの出っ張りを治すには
『骨切り(こつきり)』といって、骨を削る手術を受けなければなりません。
これは、美容整形の分野に該当します。

荒川静香さんは、噛み合わせは治したけれど、
下あごの骨切りはしなかったのだと思います。

引用元:アートデンタル中田南クリニック

引用元:共立美容外科

しかし、2015年の画像をみると治っている気がします…

最近の写真でも比較してみます。
やはり前の歯が下の歯よりも前に出ていて、正常になっているようにみえます。
どうやら荒川静香さんは「受け口」や「しゃくれ」の美容整形をしたのではないでしょうか。

下顎が前に突き出している状態、いわゆる「受け口」や「しゃくれ」を美容整形を行うことで、綺麗な輪郭にすることが可能です。

美容整形手術では、顔面の骨格にアプローチし、下顎の骨を切ったり、削ったりすることで下顎を後ろに下げ、受け口やしゃくれを改善し、小顔を形成します。

医学的な手術方法として、
・下顎枝矢状分割法(Sagital Split Ramus Osteotomy: SSRO /Short split法)
・下顎枝垂直骨切り術(Intraoral Vertical Ramus Osteotomy: IVRO)
・下顎前方歯槽部骨切り術
といった手術方法で行われます。

引用元:共立美容外科
施術時間3時間程度
麻酔全身麻酔
ダウンタイム夜間ギブスで固定(平均1週間)
メイク可能
シャワー体が温まりすぎない程度
費用保険:50万円~65万円程度 自費:140万円~400万円程度
2週間ほどで手術の腫れは消失するそうです

荒川静香さんはプロ転向後に歯の矯正をしたと語っていました。
2015年には「歯が命アワード」で受賞もしています。
歯科矯正後に、受け口も治したのかもしれませんね。
美容整形に分類されますが、見た目だけでなく機能面でも直したほうがいいそうなのでやった方がいいかとおもいます。

荒川静香さんはプロ転向後に 反対噛合(別名:受け口) を治した可能性があります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました